Hot Entry
家族の勧めでスポーツをする

スポーツ選手のスクワットを正確にやりましょう

人間の体でも大腿四頭筋という筋肉は大きな筋肉であり、日常生活でも常に活用されている箇所でもあります。簡単に言えば、太ももの筋肉なりますが、前面にある筋肉なのです。高齢者になってくると、大腿四頭筋の筋力が低下する事によって、立ったり座ったり、歩くことなどが困難になってくるのです。その為に高齢者が落としてはいけない筋肉には、この大腿四頭筋があり日常生活でも鍛えておく必要があります。スクワット運動などで下半身を鍛える時に、この大腿四頭筋が鍛えられますので、やっておくといいです。

スポーツトレーニングでも、スクワット運動を正確なフォームを重視して行うことが大事で、間違ったフォームを繰り返してしまうと、膝を壊すこともありますので注意が必要です。膝を痛めない為には、スクワットをする時に膝を曲げて行きますが、膝がつま先よりも前に出ないようにする事が大事です。そうする事によって膝に対する負担が減り、太ももの部分に集中して鍛えることができます。