Hot Entry
家族の勧めでスポーツをする

スポーツで筋肉をつけるにはたんぱく質をとることです

男の人では、たくましい肉体を手に入れたいと思い、スポーツや筋力トレーニングによって、体を作っていくことがあります。激しいトレーニングをしていると、筋線維が太くなり、体が大きくなってくるのですが、この時に必要なことに栄養もあります。筋肉を作る栄養とは一体どのようなものかというと、たんぱく質が必要になるのです。大きく分けて栄養素には、糖質、脂質、たんぱく質という3つがあり、この他にビタミンとミネラルがあって、5大栄養素となります。もちろんどの栄養素も体には大切なものですが、筋肉を作るには、たんぱく質が筋肉を作る物質なのです。筋肉だけでは無く、皮膚や髪の毛も作っているのが、たんぱく質なので体全体を構成している物質といえます。

食事で取るならばたんぱく質でも有名なのは、肉類や魚類ですが、これは動物性蛋白質といって、脂肪も一緒に取れてしまう為に、あまり勧められません。実は植物性たんぱく質というのがあり、これは豆腐や納豆などの大豆製品がありますが、良質なたんぱく質だといえます。日常生活の中で取ることによって、スポーツ後やトレーニング後にも筋肉の回復に役立ちますが、一番手っ取り早いのはプロテイン飲料をとったり、粉末状になっているものをとることが間違いないです。