Hot Entry
家族の勧めでスポーツをする

プロのスポーツ選手になるためには。

習い事の一環として、自分の子供にスポーツを始めさせる親は多いと思います。現在、プロとして活躍している人や、アマチュアでもオリンピックに出るような選手は、10歳以下の幼い頃から始めた場合がほとんどのようです。競技にもよると思いますが、その中でも早くから指導者に注目されて選抜され、特別な英才教育を受ける場合もあれば、高校や大学時代までは目立つ存在でなく、本人が努力して大きく成長し実績を残したという例もあります。

競技人口が多くて人気もある野球やサッカーは、幼稚園児が入れるチームがありますし、小学生になると上手な子はプロのクラブチームの下部組織に所属することもできます。野球は地域ごとに少年野球チームが多数存在し、高校野球児になれば甲子園を目指すという、プロに近づく大きなステップが用意されています。マイナー競技と比べるとはるかに環境は整っていますが、その分競争は激しく、プロになれるのはほんの一握りです。いずれにしても、最初は親の教育方針で始めたスポーツが本格的なものになっていくかどうかは、年齢が上がるにつれて、本人の意欲と努力次第になっていくでしょう。