Hot Entry
家族の勧めでスポーツをする

短距離走のスポーツトレーニングの実践方法

瞬発力を高める為のスポーツトレーニングには、下腿三頭筋のトレーニングがあります。ふくらはぎの筋肉ですが、鍛える方法によって効果が違ってきます。マラソン競技などの長距離を走るスポーツでは、自然としなやかな走りになる為に、大きく目立って下腿三頭筋が大きくなることがありませんが、100メートル走などの短距離走の選手になると、野生動物のような盛り上がりを見せた、下腿三頭筋の筋肉になっています。これらは、負荷を与えることによって鍛えられますが、継続したバネのある筋肉にする為に、ジャンプ動作をしたり、中にはトランポリンを使ったトレーニング方法もあります。

ダッシュを何回も繰り返すことでも鍛えられますが、同じ動作を繰り返すことで疲労が高くなりますので、様々なトレーニング方法を実践していた方が、刺激があり目的とする競技の効果が上がってきます。陸上競技では、ラダートレーニングなども実践されていて、細かいフィジカルな動きを重視するにも、下腿三頭筋のトレーニングとは必要なものです。